はまグリの会 「子どもの命を守る」をテーマに、浜松市を中心に環境活動を続けるすまいるむら。みんなが笑顔で暮らせる安心・安全の世界を目指します。

〒432-8056
静岡県浜松市南区米津町579
浜松南・星座館
info
笑顔の絶えないコミュニティーカフェです。
浜松のまちなかを元気に楽しくしていこう、と結成された市民ボランティアによるクラブチームです。
「幸せな社会」の実現を目指しています。
老若男女が集う、ハートフルなコミュニティ空間を目指しています。
info
すまいるむら地図

NPO はまグリの会

目標と目的
地球環境の実態は一般に知られているよりもはるかに深刻です。
現状の社会には環境問題だけでなく、いじめや差別、戦争や貧困などの多くの問題があります。 しかし、現状の社会を支えているのは私たちであり、問題を生み出しているのは私たちのライフ スタイルであり、意識価値観です。 私たちは、問題の現状と事実を伝え、ライフスタイルと意識価値観の転換の提案を行います。
現在の環境
環境問題の実情について、マスコミ等で取り上げられていますが、実はあまり知られていません。
現在の市民の環境についての意識を知る必要があると考えられます。
経緯
2001年2月に開催された「浜松環境フェア21」にて、来客に対してアンケート調査を行いましたが 市民には環境問題に対する知識も意識もまだ浸透していないことが分かりました。 2003年までに調べた現状はまだまだ厳しいものがあり大変な状況になっている事を 再確認しました。
選択肢の支持
先日国連が、このままの現状が進めば、あと15年から20年の間に地球は危機的な状況になると 発表しました。 日本政府でも食糧問題が起きれば、イモを主食にすると発表しました。 しかし、まだ多くの人がこの事実を知りません。 そこで以下のことを提案します。
@ 浜松市民に対して、環境問題に対する知識・意識調査(全世帯にアンケート)
A 講演会などによる、啓蒙啓発(専門家による講演会)
B 情報発信と共有(市民・企業・行政を含めた環境会議)
C 環境破壊の改善  ゴミ問題(ダイオキシン) ・・・やめる・減らす・再利用
環境ホルモン(プラスチック製品)・・ 食器・玩具の改善
温暖化対策 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 公共交通の改善・脱クルマ
オゾン層破壊 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 紫外線対策
水の浄化 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 家庭用排水・農薬対策
緑の保護 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 土壌の改善・公共工事の転換
結論
環境破壊の根本原因は、経済優先・便利快適の現状の社会にあります。 しかし、実際にそれを支えているのは私たちです。 まずは、事実を知ることから始まります。 〈 現在、発表されているデータ 〉
現在の生物種、1年に40,000種絶滅
現在の日本の穀物自給率、29%(太平洋戦争後の自給率70%)
エネルギー自給率、9%
10年後、中国3億人食料不足
20年後、オゾン層2/3破壊(有害紫外線Bにより皮膚がん・白内障・免疫低下)
50年後、世界の主要な森林が消失
今後100年で5.8℃気温上昇(5m海面上昇・異常気象・食糧問題)
〈 私たちにできること = 価値観の転換 〉
自分さえ良ければいい ⇒ みんなの幸せ
今さえよければいい   ⇒ 未来を大切に
便利快適・比較競争  ⇒ 安全・健康・協力
お金・財産・家      ⇒ 自由・平和・信頼
伝えること・実践していく事から始めます。このような価値観へと転換すれば、様々な問題は解決します。 そして、私たちは、「地球市民国連」を提唱し、市民(NGO)が作る国連を世界に呼びかけています。
私たちは、子供の笑顔の絶えない浜松市を未来に受け継ぐための活動を続けています。